少額でも金額によって審査の厳しさが違う?

10〜30万円の少額の借り入れを行う場合でも、金額が多いほど審査が厳しくなります。何も高額の場合だけでなく、この範囲でも貸し出すキャッシング会社側は金額が大きくなるほど慎重に審査しています。

 

申し込みを行った人の収入が1000万円以上ある場合などは10万円でも30万円でも大した変わりはないと判断されることがありますが、大抵の人はそうではないので10〜30万円の範囲でも、金額が多くなるほど審査が厳しくなると思っていいでしょう。

 

10万円は多くの場合で最低限度額です

多くの消費者金融や銀行では、例え10万円以下の申し込みをしたとしても、限度額は10万円からになります。通常はここから10万円単位で審査結果に応じて設定されます。よって10万円の限度額が設定されたということは、最低の信用しかないと思われているということです。

 

大手の消費者金融のアコムでは、審査の最後に行われる在籍確認がとれなかった場合、この10万円の限度額の仮契約状態になります。後日改めて確認を行い、そこで確認がとれれば本来設定されるはずだった限度額になり本契約となりますが、その前でも10万円までなら貸してもらえるのです。

 

キャッシング会社にとって、10万円とはこのようにきちんと審査が終了する前でも貸し出しが行える金額だということです。審査の結果、この金額しか借りられないということは、そういう状態と同様の信頼しかないと判断されたということになります。

 

実績を積むことで限度額は増額されます

例え最初の申し込みの段階で限度額が10万円と設定されてしまった場合でも、その後の利用実績によってこの限度額は増額されることがあります。必ずではありませんが、きちんと遅延せずに返済を行っているとそれが実績となり、増額されることがあります。

 

キャッシング会社側が定期的に利用状況を判断して、もっと貸しても大丈夫だと思った人に増額をするかどうかの案内を送ります。これに答えることで限度額は増額されます。自分から希望をしてもまず増額されることはありません。お金がある時に返済日を待たずに前倒しで返済をする、また一気に完済をするといったことをすると、この評価が上がる可能性があります。

 

また長期間返済の遅延をせずに利用していると、この総額を案内されることがあります。限度額を増額するには、信用があると思われることが大切です。返済の遅延は一番信用を失うので、特に増額を希望している場合は決して行ってはいけません。

 

専業主婦でも30万円までの借り入れが行えます

消費者金融では原則的に自分に収入のない人は借り入れを行えません。よって専業主婦の場合は銀行のカードローンを利用することになります。この銀行のカードローンは、専業主婦の場合は大抵の銀行で30万円が限度額です。この借り入れを行うには夫に定期的な収入があることが条件になりますが、その夫の収入の額に関わらず、一部の銀行を除いて審査を通過できれば30万円に設定される銀行がほとんどです。

 

専業主婦への貸し出しは夫の収入を元にした配偶者貸付という制度を利用して行われますが、夫にそれなりの収入があれば、その妻に30万円まであれば貸しても問題はないと判断しているためです。この専業主婦の場合は利用実績に関わらず、増額されることはまずありません。

 

50万円までは収入証明書は必要ありません

会社員など定期的な収入がある職場に勤務している場合、50万円までは収入証明書は必要になりません。銀行のカードローンの場合、100万円以上でも必要にならないことがありますが、消費者金融では50万円以上から必要になります。

 

消費者金融では50万円まではそれほどの金額だとは思っていないということです。銀行では消費者金融より審査を厳しく行うため、それ以上の金額でも必要としないところが多くなっています。

 

収入によって借り入れを行える額とは

消費者金融では年収の1/3が借り入れを行える限度になります。よって10万円を借り入れる場合は30万円の年収が必要です。30万円の場合は100万円、50万円であれば150万円以上の年収が必要になります。ですが必ずここまでの金額の借り入れを行えるとは限らず、その他の審査の要素にもよります。

 

例えば過去にキャッシングの利用で返済の遅延を行ったことがある人に対しては年収以上に厳しくなる可能性があります。ですが10万円であれば、アルバイトの人でも簡単に借り入れを行える額だといえます。30万円の年収は高校生のアルバイトでも稼ぐことが出来る金額です。

 

もちろんキャッシングの利用は20歳以上になりますが、現在他からの借り入れが一切なく、過去に返済で問題を起こしたことがない人であれば、まず問題なく借りられる金額です。また30万円まではそれに見合った年収さえあれば初回から借り入れを行えることが多いですが、50万円になると初回では難しいことがあります。まずは30万円と設定され、利用状況によって増額されていくことが多いです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日