少しでも審査を通過しやすくするには?

キャッシングの審査を通過するためのテクニックが存在します。これは申し込みを行う当日でも有効な場合があり、行うと行わないで結果が変わることも珍しくありません。

 

この審査を通過するために有効なテクニックをいくつか紹介します。

 

現在の借り入れ総額を減らしましょう

キャッシングの審査では、現在の他社からの借り入れ総額や件数を必ずチェックします。これによって審査を通らないことが多くあります。

 

借り入れ件数は完済を行わないことには減らせませんが、借り入れ総額は例え1万円を返済しただけで減らすことができます。この総額を少しでも減らしてから申し込みを行うことで、審査を通過できる可能性が高くなります。

 

1万円でも効果があります

1万円程度の返済では何の意味もないと考えてしまうかも知れませんが、それは違います。例え1万円でも、きちんと返済をする意志があるという姿勢をキャッシング会社に見せることができるので、これが審査における評価に繋がるのです。

 

またこの返済によって、この人は返済日以外に前倒しで返済を行うような人だという判断もできるので、これが審査に有利に繋がります。実際にはその気はなくても、そのように見せ掛けることができます。

 

審査では信用情報から借り入れ総額や件数を確認しますが、これにはいついくらの返済を行ったという情報が瞬時に記録されます。申し込みの1時間前に返済を行った場合でも、それを確認することができます。

 

貯金やお金を作ってでも返済しましょう

このように、少しでも借り入れ総額を減らしてから申し込みを行うという行為は審査を通過するためにとても有効です。貯金がある場合はそれを使って、また場合によっては物を売却してお金を作ってでも返済を行った方がいい場合があります。

 

借り入れ件数が減らせる場合はそれに越したことはありません。借り入れ件数は総額以上に審査ではチェックされる要素です。貯金や作ったお金で1社の借り入れが完済できるような場合はそちらを優先して返済を行ってください。

 

希望額をできるだけ少なくして申し込みましょう

借り入れ希望額をできるだけ少なくすると、審査を通過する可能性もそれだけ高くなります。これは総量規制という、年収の1/3を超える借り入れはできないという規定も関わりますが、それ以前に少額であれば、そこまで厳密な審査は必要ないからです。

 

ここで1つ誤解されていることがあります。それは例え希望額が多くても、審査でその人に見合った限度額に設定されるので、この希望額自体はあまり関係ないと思っているかも知れませんが、それは間違いです。例えば20万円の希望額では審査を通らなかった場合、希望額を10万円まで減額して再び審査に掛けるといったことを必ずやってもらえるとは限らないからです。

 

そのまま20万円の希望として審査に落とされてしまうことがあります。もちろん中には希望した金額より少ない限度額なら借り入れを行えると知らされることもありますが、確実ではありません。なので希望額は少ないほど審査を通る可能性が高くなると考えてください。

 

キャッシング会社は遅延を一番嫌います

大きい金額を借り入れた人ほど遅延する可能性が高いというデータがあります。そのため、キャッシング会社は希望額が大きいほど審査を厳しく行います。キャッシングでは無担保、保証人なしで現金を借りられますが、それはその人を信用してお金を貸すということになります。

 

そのため、その信用を裏切るような返済の遅延といった行為を一番嫌います。もちろん返済をしてもらわないことにはキャッシング会社は商売になりません。希望額が少額の場合、過去の膨大な実例からも比較的遅延が少ないので、審査を通る確率が上がるという訳です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日