消費者金融でも銀行でも!

お手軽な少額融資は限度額が10万円です。どこの消費者金融業者でも銀行でも、最少借入限度額は10万円と決まっています。

 

例えば、お小遣いの不足が原因で「ちょっとだけ借りたい」と考える学生の場合、限度額は10万円からスタートします。実際に学生の時からキャッシング利用をしている人は、そのような記憶が残っているのではないでしょうか。

 

限度額10万円は、信用度が辛うじてプラスなレベル。審査を通して貸すものの、返してくれれば「ラッキー」な程度です。でも、この最初の借入を難なく返済すれば、次の限度額ステップに進める可能性がアップします。

 

年収や職業の評価如何では、少額融資30万円もあり得る

先ほども説明した通り、10万円は学生でも割合OKな金額です。これが公務員や会社勤めとなると30万円にまで引き上がります。

 

楽天銀行のスーパーローンを例にすると、審査では在籍確認は少額融資の場合に不要となるかもしれないと説明されますが、この場合の金額は概ね30万円以下を指します。

 

このように、どんな状況の人が借りるかが変われば、金額も変わります。また、消費者金融業者と銀行によっても変わってくるので一概にいくらとは決まっていません。

 

消費者金融と銀行間の違いとは?

消費者金融業者の場合には、50万円を目安に収入証明書の提出を求めますが、銀行では300万円まではノーチェックです。

 

ただし、全ての銀行とは限らず、三菱東京UFJ銀行は100万円、みずほ銀行は200万円です。このように、消費者金融業者と銀行では、金額に関する定義が完全に異なります。

 

「借入希望額は審査に影響を与えない」のウソ

借りたことのない人でも、キャッシング審査の薀蓄を耳にしたことがあるかもしれませんね。実は、それら全てが本当なわけではありません。中でも「借入希望額は審査に影響を与えない」というふうに言われていますが、これは大きな勘違いと否定しておきましょう。

 

金融業者によっては、借入希望額が大き過ぎてOKが出なかったとしても、審査は通過することもあります。でも、「返せる見込みがないのに多額の借入を希望したならば、落とされやすい」といったことは事実です。

 

身の丈に合った金額以上を希望する人は、返済トラブルを起こしやすい

収入がいくらだから、いくらくらいで生活をする。この感覚が養われていない人ほど多額の借入希望額を申請します。そして、返済が滞りがちになります。遅延だけであれば、まだ救われますが、破産してしまう最悪なケースもあります。

 

こういう人は、お金全般にルーズだと業者も承知しているので、やはり審査に落とされてしまいます。業者が抱いた不信感を和らげるためにも、借入希望額は低いほどキャッシング審査の通過を現実的にします。

 

少額に特化したカードローン

カードローンのプランの中には、“女性”や“学生”に特化したユニークなものも多くあります。その中には、“少額融資”や“小口融資”を扱う業者もいます。

 

小口専門は便利という思い込みは危険! 金利がかなり高めです

小口専門という業者もいます。このような商い方法の場合、法定金利いっぱいの20%という金利をプラスしてきます。20%という年率は、遅延などの違反を犯した際に課せられるペナルティと同率の金利です。

 

ペナルティ並の金利を請求されてしまう事実

アコムやアイフルなどの大手消費者金融業者ではありえないペナルティ級の金利を最初から課せられてしまうのです。あくまでも法定金利内なので違法ではありません。でも、この年率ならば、あと1%でも高くなれば、いわゆる「闇金」業者に様変わりします。

 

こんな、損することが前提の業者を選ぶべきではありません。金利は返済の度合いを左右するほどであり、見逃していると大変なことになります。たかが1%。されど1%。借りてはいけない相手は確実に存在するのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日