キャッシングとリボルビング払いはどちらも同じである

主婦はお金のやりくりを旦那に任されることが多いため、お金が足りなくなった場合に、キャッシングをするべきなのか、それともリボルビング払いを利用するべきなのか、迷われることもあるかと思われます。

 

ですが、実際はどちらも同じことを指しており、キャッシングの返済方法にもリボルビング払いというものがあるぐらいです。よって、キャッシングとリボルビング払いというのはそもそも見比べるものではないと言えるでしょう。

 

主婦のご利用にオススメ!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

キャッシングしたお金をリボルビング払いで返済した場合

キャッシングをしたお金をリボルビング払いで返済を行うという人が少なくないようです。しかし、これは私としてはあまり感心しません。なぜなら、リボルビング払いによる返済を行うと、結果的には支払う金利分が莫大に増えてしまうためです。リボルビング払いにすると、どうしても返済に時間がかかってしまいます。

 

返済に時間がかかるということは、金利分もそれに応じてかかってしまうことになり、これは返済日よりも早く返していけば防げるのですが、なかなかこれを出来ていない人が多いのです。こうして、決められた金額しか返済を行わないことで、リボルビング払いのデメリットをまともに被ることになると言われています。

 

初期状態のままの返済では支払い金額が2倍にまで膨らむ

初期状態のまま何もせずに返済を行っていくとなると、最終的な金額としては、金利分がキャッシングした金額と同じになると言われています。厳密にいうと違うのかもしれませんが、ほとんど同じと考えてよさそうです。ですから、30万円をキャッシングした場合は、リボルビング払いで返済していくと60万円も支払わなければならないのです。

 

このようなことを聞くと「リボルビング払いなどとんでもない」と思うのが普通であり、たとえそれを選んだとしても時間をかけずに返済していこうと思うでしょう。ですが、このからくりを理解していない方が多いのが実情であり、単に”出来るだけ短期間で返していければいい”といったぐらいしか頭にないのです。

 

リボルビング払いのほかにキャッシングをした時の返済方法は存在するか?

結論から言えばきちんと存在します。真っ先に挙げられるのは分割による返済であり、これは、ある定められた期間(月単位)で残高を割り、その期間内で全てを返し終えるという方法です。

 

キャッシングをした時の分割による返済については、多少特殊な部分が含まれており、普通に買い物をした分の支払いはどんどん減っていくものですが、キャッシングの場合は返済途中でキャッシングをすることにより、また残高が大きくなります。すでにキャッシングをされている方なら、このことは常識かもしれませんが、一応お話しさせていただきました。

 

返済途中でキャッシングした分の支払いについて

これに関しては、利用する場所で変わってくるものですが、基本は予め定められた期間での返済となります。例えば、3月で全部返し終えることになっていれば、あとからキャッシングしたお金も3月中に返さなければならないのです。よって、2月に追加でキャッシングしたとなると、3月に一括で返済しなければならず、辛いのは間違いありませんが、この場合も3月中に返さなければいけません。しかし、見方によってはこのような仕組みにより、借りていることを直に実感できるといった点では良いことかと思われます。

 

キャッシングしたお金を直に実感しない限り、またキャッシングを繰り返す

複数の会社からキャッシングを平気で行う人や長期間に渡りキャッシングを繰り返す人の大部分は、「自分は現在のキャッシングの総額を理解している」とお思いかもしれませんが、それは単に金額の数字部分を理解しているにすぎません。

 

そのため、その金額がどれぐらい大きなものなのか?といったことまでは考えていないはずです。もしこれが分割で支払っていくことを選択すれば、請求が来た時にいつキャッシングした分だということが分かり、お金を借りているということが実感できるでしょう。

 

リボルビング払いだと”いつ”の部分が分からなくなる

一方、返済にリボルビング払いを選択してしまうと、”いつ”の部分が段々と分からなくなると言われています。そのため、いつキャッシングした分が返済金額を押し上げているということが分かりません。そして、それが分からないことで、お金が苦しくなるとすぐにキャッシングに頼ってしまうのです。

 

また、これを行なってしまうことにより、キャッシングの金額が次々と増えていくことになりますから、返済は行っているのになぜか残高が減っていかないという事態に陥ってしまいます。そうなると1つのアルバイトをするだけでは返済が追い付かなくなり、それが原因で複数のアルバイトをかけ持つ等という状況になれば、ますますキャッシングに関する知識が乏しくなるので、次もまた同じことをしてしまうかもしれません。福沢諭吉の有名な言葉に”学びて富み、富みて学ぶ”という言葉がありますが、これだと言葉とは全く反対のことをしていることになります。

 

まずは働き、一刻も早く全部返すことがベスト

これまでキャッシングしたものに対して、リボルビング払いを利用し返済を行う際のデメリットに関してご紹介してきましたが、分割の返済でもお金が必要なことには変わりなく、一括で返済する場合でも同じです。

 

世間ではお金がなくても何とかなるものもありますが、返済に限ってはお金がなくては何にもなりません。

 

返済に関してはただ働くことだけを考える

キャッシングをした際に、どのような返済を行っていくのがベストだろうか?と思うこともあるかもしれません。ですが、それを考える暇があるのなら、すぐに沢山お金を稼ぎ、すぐに返済してしまうのが何より良いことだというのは間違いないでしょう。

 

物事には考えた方が良い結果が生み出されるものもありますが、キャッシングの返済に関しては考えたところで、特に良い結果が生みされるものではなく、キャッシングはその典型と言えるでしょう。すぐにお金を手に入れるためには、その日のうちにお金をもらえるアルバイトを探し、そうして僅かでも借金が減れば、段々と返済に対する意欲も出てくるかと思われます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日