専業主婦は借入状況と信用情報が重視される

キャッシングを利用するには審査に通過する必要がありますが、専業主婦がキャッシングの審査で落とされる原因は、サラリーマンなど普通の職業の人たちと同様です。

 

信用情報に問題があったり他社からの借入総額が多かったり、年収が低い場合や勤続年数が短い場合など、審査で落とされる理由には様々あります。しかし審査において重視される項目が複数存在しています。専業主婦がキャッシングを問題なく利用するためには、どのような項目が審査で重視されるのかについて知識を深める必要があるのです。

 

主婦のご利用にオススメ!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

専業主婦がキャッシングを利用する場合には

専業主婦は収入がないため、総量規制という法規制の問題により消費者金融を利用することはできません。そこで専業主婦は総量規制が関係ない銀行カードローンを利用する必要があるのです。専業主婦が銀行カードローンを利用する際、返済の原資となるのは夫の収入です。

 

そこで専業主婦に対する銀行カードローンの審査においては、専業主婦の収入は問題になりません。同様に勤務先の業務内容や勤続年数についても問題とされません。専業主婦において問題となるのは、他社からの借入状況と個人の信用情報なのです。

 

借入金の総額が多額だと、審査が厳しくなる

専業主婦に対する審査において最も重視されるのが、他社からの借入金の総額についてです。すでに複数の金融機関から借入金があり、その総額が多額になっている場合には、新たな融資に対する返済が困難となってしまいます。そこで審査においては他社からの借入状況について詳しく見られることとなるのです。

 

専業主婦の借入は30万円までに限定される

無収入の専業主婦が銀行カードローンで借りられる金額は多くの場合、30万円までとなっています。例外的にイオン銀行と楽天銀行では50万円までの融資が受けられるものの、通常の銀行カードローンにおける最大融資額が500万円から1000万円と高額になっているのに来れば、抑えられた水準となっています。

 

また夫の収入が多額であっても専業主婦の融資枠に影響はありません。そこで既に他社から30万円の融資を受けている場合には、新たな融資を申し込んでも追加の融資は受けられないこととなります。専業主婦の場合は原則として30万円までしか借りられないことをきちんと記憶しておく必要があります。

 

夫の収入の1/3まで借りられるわけではない

消費者金融を代表とする貸金業に課されている総量規制は、利用者の借入金を年収の1/3までに限定するというものです。そこで専業主婦がカードローンを利用する場合に、夫の年収の1/3まで借入できると勘違いするケースが存在しています。

 

総量規制が基準としているのは本人の年収であり、夫の年収ではありません。さらに銀行カードローンと総量規制には何らの関係もありません。そこで夫の年収の1/3までの金額が借りられるわけではないので注意が必要です。専業主婦の場合、借入金は30万円までに限られるというのが大原則なのです。

 

夫の年収によっては、審査で落とされることも

専業主婦が銀行カードローンに申し込む場合、原則として夫の職業や年収は関係ありません。融資額が一律30万円とされていることからも、夫の職業が関係しないことがわかります。しかし例外的に夫の職業や年収によって、審査に落とされてしまう場合があります。

 

夫がサラリーマンである場合には、審査で特別な手続きはされず、収入証明書の提出は必要とされません。しかし夫が自営業者や個人事業主である場合、夫の仕事が不安定であるため収入証明書がチェックされることとなります。そしてその収入が少額である場合、審査で落とされることがあるのです。夫が自営業に従事している場合には、審査で落とされる可能性があるため注意が必要となります。

 

ブラックリストに登録されていると審査で落とされる

専業主婦に限った話ではありませんが、いわゆるブラックリストに登録されていると、キャッシングの審査は通りません。正式にブラックリストと呼ばれる存在はありませんが、個人の信用情報に事故情報が記録されていると、ブラックリストに登録されているのと同様の効果が発生してしまうのです。

 

ブラックリストの登録原因となる事故

ブラックリストに登録する原因となる事故には様々なものがありますが、代表的なものが債務整理です。自己破産や任意整理、特定調停、個人再生など債務超過により裁判所が介在して債務を整理するような事故を発生させてしまうとブラックリストに登録されることとなります。また債務について自分で返済できず、保証会社に返済してもらう代位弁済についても債務整理となるため注意が必要です。

 

借入金の返済に関するもの以外にも、カードローンの強制退会やクレジットカードの強制解約などもブラックリストへの登録原因となります。また各種ローンや分割払いの支払い金の悪質な遅延についても記録されてしまいます。このような返済に関するトラブルを発生させると、個人の信用情報が悪化してしまいます。

 

個人の信用情報はクレジットヒストリーと呼ばれ、点数化されています。クレジットヒストリーの点数が低い場合には、カードローンの審査に通らなくなるのです。信用情報に登録されている事故情報は時間の経過で消えるため、5年ほど経過するのを待つという手もあります。

 

クレジットヒストリーを改善する方法

事故情報が消えるのを待てない場合には、クレジットカードを利用することでクレジットヒストリーの改善が図れる場合があります。定期的なクレジットカードの利用は、経済的には借入をしてその返済を行っていることになるため、カードの利用によって信用情報の改善が図れるのです。

 

クレジットカードを持っていない場合には、新規にクレジットカードを作成する必要がありますが、そのためには審査が緩いクレジットカードに申し込むことが必要となります。その際、狙い目となるのがハウスカードと呼ばれるカードに申し込むことです。ハウスカードは特定のお店や場所でしか利用できないカードで、たとえばマルイの「エポスカード」やコスモ石油の「コスモ・ザ・カード・ハウス」などがその代表です。

 

ハウスカードは使用場所が限定されているため過剰な利用が制限され、その分、審査が緩くなっているのです。ハウスカードを利用してクレジットヒストリーを改善するには、カードを利用した時に翌月に一括払いで支払うことが必要となります。こまめにカードを利用して、翌月に支払い続ければ、その履歴が信用情報に記録されるため、クレジットヒストリーが改善されてゆくのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日